書籍の電子化、自炊代行について詳しく丁寧に解説するサイト『自炊代行ってなに?』
書籍の電子化、自炊代行について詳しく丁寧に解説するサイト『自炊代行ってなに?』

最近ニュースで自炊代行という言葉をみかけるようになりました。
自炊とは自分がもっている本などを電子書籍リーダーで読めるようにするためにスキャン
して電子化することです。
この自炊自体は、個人が自らのために書籍や音楽の作品を複製する行為の「私的複製」に
あたるため、著作権者の許可をとる必要はありません。
しかしそれを代行する自炊代行業者の出現で、著作権に関する問題が騒がれだしたのです。
このサイトではまだまだ馴染みの薄い自炊代行について、聞いたことの無い人にもわかり
やすいよう解説しています。
興味をお持ちの方はお読みになってください。

豊橋市・豊川市の看板はこちら
案内広告看板はあなたのお店、会社を365日24時間休まず宣伝し続けます。
http://pal-sign.com/

自分で吸う

自炊とは正規の手段で手に入れたデータ、違法コピーではないオリジナルのCD−ROMやDVD、書籍などからデータを吸い出すことです。

配布行為

私的な複製でなく、そのデータの権利者に無断で不正に流通させることを目的とした自炊の場合は違法コピーとなります。

本を楽しむ

利用者にとっては紙媒体以外でもその書籍を楽しめることが出来るので、自炊を受け入れる意見も多くあります。

犯罪行為を幇助

自炊代行によって電子化された書籍データが依頼者の手によって不正にコピーされ、私的複製の利用範囲を超えた使用法をされる可能性はあります。

元々は電子媒体

他人の作ったコピーデータの再コピーや配布されているデータではなく、自分でオリジナルの媒体から吸い出すのが自炊です。

割れず

違法コピーを非合法に流通させる行為は、割れず、割れなどと呼ばれます。これは英語の「Warez」からきた当て字です。